自分でできるオイル交換:必要なツールと手順を徹底解説

車のオイル交換は、車のメンテナンスの中でも最も基本的かつ重要な作業の一つです。エンジンオイルはエンジン内部の摩擦を減らし、エンジンをスムーズに動かすために欠かせないものです。しかし、オイルは時間とともに劣化し、定期的に交換する必要があります。オイル交換をディーラーや整備工場に依頼するのも一つの方法ですが、自分で行うことで費用を節約し、車への理解を深めることができます。本記事では、自分でオイル交換を行うために必要なツールと具体的な手順について、詳細に解説します。

目次

オイル交換に必要なツールと準備

オイル交換を始める前に、まず必要なツールを揃えることが重要です。必要なツールとしては、オイルフィルター、エンジンオイル、オイルフィルターレンチ、ドレンプラグレンチ、オイルパン、ジャッキとジャッキスタンド、ラグやウエス、ゴム手袋が挙げられます。オイルフィルターとエンジンオイルは、車種に適したものを選ぶことが必要です。事前に車の取扱説明書を確認し、適切な種類と量のオイルを準備しましょう。また、作業する場所の確保も重要です。平坦で安全な場所を選び、作業中に車が動かないようにブレーキをかけておきます。さらに、エンジンが冷えた状態で作業を開始することを推奨します。エンジンが熱いとオイルが非常に高温になり、やけどの危険があるためです。

車をジャッキアップして安全に固定する方法

オイル交換を行うためには、車の下部にアクセスする必要があります。そのためには、車をジャッキアップし、安全に固定することが重要です。まず、車の取扱説明書を確認し、ジャッキアップポイントを特定します。これらのポイントは、車の底部に設けられた強化された部分で、ここにジャッキをかけることで車を持ち上げることができます。ジャッキを使って車を持ち上げた後、ジャッキスタンドを使って車を安全に支えます。ジャッキスタンドは、ジャッキだけで車を支えるよりも安全で安定しています。スタンドを設置したら、車がしっかりと固定されていることを確認し、車の下に潜り込む前に再度安全を確認します。この際、車が動かないようにホイールチャックを使って車輪を固定することもおすすめです。

古いオイルを抜き取る手順

車を安全に固定したら、次に古いオイルを抜き取ります。まず、エンジンオイルキャップを開けておきます。これは、オイルがスムーズに流れ出るようにするためです。次に、オイルパンを車の下に設置し、ドレンプラグを緩めます。ドレンプラグはエンジンの底部にあり、レンチを使って反時計回りに回すことで緩めることができます。ドレンプラグを完全に取り外すと、古いオイルがオイルパンに流れ出します。この際、オイルが飛び散らないように注意し、手袋を着用して作業することをおすすめします。オイルが完全に抜けるまで数分待ち、すべてのオイルが出たら、ドレンプラグを再び締め直します。ドレンプラグの締め付けは適度な力で行い、過度に締めすぎないように注意します。

オイルフィルターの取り外しと交換

オイルを抜き取った後は、オイルフィルターの交換を行います。オイルフィルターはエンジンの側面に取り付けられており、手で回して取り外すことができますが、固く締まっている場合はオイルフィルターレンチを使用します。フィルターを取り外す際には、古いオイルが漏れ出すことがあるため、ウエスを使って周囲を保護しながら作業を行います。古いフィルターを取り外したら、新しいフィルターに少量の新しいオイルを塗布し、取り付ける準備をします。これは、フィルターのゴムシール部分に潤滑を与え、しっかりと密閉するためです。新しいフィルターを手でしっかりと締め付けますが、過度に締めすぎないように注意します。手で締める程度で十分です。

新しいエンジンオイルの注入

オイルフィルターを交換したら、次に新しいエンジンオイルを注入します。エンジンオイルキャップを再び開け、適切な量の新しいオイルを注ぎます。注入する際には、漏斗を使用するとオイルをこぼさずに注ぎやすくなります。車の取扱説明書を確認し、適切な量と種類のオイルを使用することが重要です。オイルを注入したら、オイルレベルゲージを使って適切な量が入っているかを確認します。オイルレベルが適切な範囲内にあることを確認したら、エンジンオイルキャップをしっかりと締めます。

エンジンの始動と漏れの確認

新しいオイルを注入した後は、エンジンを始動して漏れがないかを確認します。車を平坦な場所に移動し、エンジンを数分間アイドリングさせます。この間に、エンジンルーム内やオイルフィルター、ドレンプラグ周辺を確認し、オイルが漏れていないことを確認します。漏れがないことを確認したら、エンジンを停止し、再度オイルレベルをチェックします。オイルレベルが適切な範囲内にあることを確認し、必要に応じてオイルを追加します。これでオイル交換の作業は完了です。

使用済みオイルとフィルターの廃棄方法

オイル交換が完了したら、使用済みのオイルとフィルターの適切な廃棄方法についても知っておくことが重要です。使用済みオイルは環境に有害であり、適切に処理する必要があります。まず、使用済みオイルを密閉容器に移し、カー用品店やガソリンスタンドで引き取ってもらうか、地方自治体の指示に従って廃棄します。また、使用済みのオイルフィルターも同様に適切に処理する必要があります。多くの自治体では、使用済みオイルとフィルターのリサイクルプログラムを提供しているため、これらのサービスを利用しましょう。環境保護のためにも、使用済みオイルとフィルターを適切に廃棄することは非常に重要です。

結論

オイル交換は車のメンテナンスにおいて非常に重要な作業です。必要なツールを揃え、適切な手順を守れば、自分で簡単に行うことができます。車をジャッキアップして安全に固定し、古いオイルを抜き取り、オイルフィルターを交換して新しいオイルを注入するという一連の作業を丁寧に行うことで、エンジンのパフォーマンスを維持し、車の寿命を延ばすことができます。また、使用済みオイルとフィルターの適切な廃棄も忘れずに行いましょう。初めての作業でも、この記事を参考にすれば安心して取り組むことができるでしょう。自分でオイル交換を行うことで、車への理解を深めるとともに、メンテナンス費用の節約にもつながります。是非、挑戦してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする


上の計算式の答えを入力してください

目次